オバジニューダームシステム(obagi) ゼオスキンヘルス 毛穴・シミ・小ジワ・くすみ・ニキビ・肝斑|美容皮膚科 青山外苑前クリニック|東京港区 青山一丁目駅

青山外苑前クリニック
青山外苑前クリニック電話番号 医師による美容無料メール相談 予約

オバジニューダームシステム / ゼオスキンヘルス ZO SKIN HEALTH

お肌を根本から再生する強力な美白・美肌治療をご自宅で。芸能界・美容ファンにはもう常識のプログラム。

これまで多くの患者様に愛用されたオバジニューダームシステムは、新たに開発されたゼオスキンヘルス ZO SKIN HEALTHに引き継がれます。

よくあるご質問 ゼオスキンヘルス
よくあるご質問 オバジニューダームシステム
ドクターより
ゼオスキンヘルス料金

ゼオスキンヘルス ZO SKIN HEALTHについてオバジニューダームシステムについて

ゼオスキンヘルス ZO SKIN HEALTH

ドクターオバジが「進化したスキンケアプログラム」を開発しました。

ドクターオバジ写真

ドクターオバジは、35年以上にわたりスキンヘルスのコンセプトを定義し、進化したスキンケアとして、真に美しく健やかなお肌を生み出すことができるプログラムを開発しました。

※これまで多くの患者様に愛用されたニューダームシステムは、新たに開発されたゼオスキンヘルス・セラピュティック(ハイドロキノン配合スキンコンディショニングプログラム)に引き継がれます。

進化したスキンケアプログラム ゼオスキンヘルス ZO SKIN HEALTH

ゼオスキンヘルス ZO SKIN HEALTH サークル

ハイドロキノン配合スキンコンディショニングプログラム&トレチノイン

トレチノインやハイドロキノンの作用を最大限に発揮するためにつくられた医療機関向けスキンケアプログラムです。

美しく健やかな肌に導く3つのプロセス

  1. 反応期 肌の入れ替わりが促進される時期
  2. 耐久期 肌の耐性・抵抗がうまれる時期
  3. 美しく健やかなが期待されます

ゼオスキンヘルストレチノインによる反応グラフ

18週間で肌が変わります。鏡を見るのが楽しく。

レーザー治療では濃くなる場合があるため治療できない肝斑(かんぱん)も、ゼオスキンヘルスなら治療できます。

ゼオスキンヘルスは、お肌の奥の細胞の生まれ変わりを早め、お肌表面の古い角質を中から押し出すことにより、自然に皮がむけてきます。最初の6週間はお肌が乾燥してつらい時期ですが、それを乗り越えていくと明らかにお肌が柔らかくみずみずしくなってきて、続けていて良かったと思えるようになります。シミやくすみのある古く汚れた角質がはがれると同時に、漂白成分を浸透させ、完全な美白に近づけていきます。お肌の奥では細胞が生まれ続け、ハリのもとであるコラーゲンやエラスチンが増え続けますので、小じわやたるみも消えていきます。18週間後には見違えるような透明なお肌になっていることでしょう。

オバジニューダームで肌が変わる仕組み

ハイドロキノン配合スキンコンディショニングプログラム

ゼオスキンヘルス ZO SKIN HEALTH ハイドロキノン配合スキンコンディショニングプログラム

副作用・合併症

皮膚の赤み、剥脱、過敏、ニキビの悪化したような状態、こじわ。
薬剤のアレルギー反応:過剰な赤み、水泡など、異常を感じたら、使用をやめてください。

妊娠予定・妊娠中・授乳中の方は使用をやめてください。
その他予測困難な合併症・・アレルギー、光線過敏症。

★ハイドロキノン(ミラミン、ミラミックスに配合)はかぶれをおこすことがある美白剤です。2-3日間、上腕の内側でテストをしてから使用してください。

ドクターより

「肌質やライフスタイルを考慮し、各アイテムの使用量を決定します。おすすめのホームケアプログラムです。」

このような方に
肝斑(かんぱん)を治療したい
レーザーの少しの痛みもイヤ
顔以外の体のシミも消したい
シミ・小じわ・くすみ・毛穴など、お顔トラブルが複合的にある
所要時間・回数・期間など
治療法により異なります。
施術について
カウンセリング当日の治療 :ご予約時にオバジご希望とお伝えください。
メイク : 当日可能です。
洗顔 : 当日可能です。
入浴 : 当日可能です。
効果持続期間
18週終了後、メンテナンスプログラムをお勧めしています。お肌の状態はキープできます。
ゼオスキンヘルスのよくあるご質問
Q.どのくらいの頻度で医師に診てもらえばよいのでしょうか?
A.経過をチェックするために、最初の3週間は最低週1回、または必要に応じて診てもらうことが大切です。その際、使用したミラミン、トレチノイン、ミラミックスの量を説明できるようにしておきましょう。特定のプログラム中に予期せぬ反応が起こったりトランスフォーメーション・プロセスの達成が遅すぎると感じたりしたら、担当医にプログラムを変えてもらうことができます。およそ4~6週間以内に、担当医に診てもらうように指示があります。トランスフォーメーション・プロセスの第2段階に入るときに、プログラムに応じて6~12週間の間隔で担当医の診療をおすすめします。
Q.「古い角質の剥脱」の段階にあるときに、社交イベントがあって、顔の赤みやかさつきをなくしたいときには、どうすればいいのですか?
A.肌はすぐに反応します。イベントの前3~4日間は、Correct、Stimulateステップ製品(ミラミン、グリコジェント、トレチノイン、ミラミックス)のご使用を中止してください。Prepare、Protectステップ製品(ノーマクレンズ、オイラクレンズ、パラトーン、オクリプスシー、サンスクリーンプラスプライマー)は朝晩、使い続けてください。ほとんどの反応は数日で鎮まります。イベントが終わったらすぐにもとのプログラムに戻って、トランスフォーメーション・プロセスを再開してください。
Q.毛穴が気になるのですが・・
A.毛穴が黒く見えたり、広がって見える理由は大きくわけて二つあります。ひとつは皮脂が多いこと、もうひとつは老化によるたるみで、毛穴が引っ張られ、縦長になった状態です。オバジニューダームシステムは、皮脂の分泌をコントロールし、コラーゲンやエラスチンの産生を増やすので、両方に効果的です。鼻の黒ずみ、小鼻の角詮、毛穴の集中トリートメントもできます。
Q.肌がかゆいときはどうすればいいのですか?
A.Correct、Stimulateステップ製品(ミラミン、グリコジェント、トレチノイン、ミラミックス)のご使用を1~2日間中止してください。肌のかゆみがなくなるまで、使用せずに様子をみてください。かゆみが治まったら、できる限り速やかに、もとのプログラムを続け、トランスフォーメーション・プロセスを再開してください。
Q.太陽に当たったり、暑いところにいたりするとどうなるのですか?
A.プログラムの第1段階の間は肌が太陽や熱に対して非常に敏感になっているので、太陽の当たるときには1日に数回、Protectステップの製品(オクリプスシー、サンスクリーンプラスプライマー)を塗ってください。
Q.治療の初期に、肌があまりに敏感に反応した場合はどうすればいいのですか?
A.グラジュアルまたはフレキシブルプログラムを選択することができます。口もとや目もとは、顔のその他の部分と比べて反応が強く出ることを覚えておいてください。この部分には、トレチノインの量を減らし、ミラミックスの割合を増やしてください。不快さを感じなくなるまでグリコジェントの使用頻度を週2~3回まで減らしてください。それでも不快な場合はグリコジェントを数日間スキップしてください。額および頬については、指定のプログラムを継続してください。このプログラムは、フレキシブルなもので、自分のライフスタイルに合わせて作れますが、腫れぼったさなど少しでも異常を感じたらすぐに医師に相談してください。医師のプログラムに従うことで、最高の結果が得られます。
Q.ZO SKIN HEALTH は顔専用ですか?
A.いいえ、健康な肌を回復するのは顔に限ったことではありません。首や胸、腕、手、腿、脚といった体の他の部分にも、同じようにZO SKIN HEALTHを用いることができます。医師にご相談ください。

オバジニューダームシステム

肝斑(かんぱん)も、オバジニューダームシステムなら治療できます。

「赤ちゃんのような肌」…それは夢ではありません。肌の再生理論に基づいて開発されたオバジニューダームシステムで、完全な美肌を目指しましょう!
オバジは医学的に効果のある強力な成分を含むため医師の処方が必要ですが、基本的には塗るだけのプログラムですのでご自宅で簡単にお肌の治療が出来ます。18週間、がんばってみませんか?

オバジニューダームシステムラインナップ

オバジ認定医がシミ、しわ、くすみの一切ない肌へ導きます。

オバジニューダームシステム

シミ、しわ、くすみ、ニキビなど、肌が抱えるトラブルは人それぞれ・・・「オバジニューダームシステム」は、ひとりひとりのお肌を、ダメージの程度と肌の質で分類し、肌のトラブルを解決する総合プログラムです。認定医と一緒に、あなただけのシステムで、だれにも負けない肌を手に入れましょう!オバジ治療はその方のお肌の状態を診察し、最適な成分・使用量などを経過中も定期的に見極めることが大切です。当院はオバジセミナーの講師も務めた認定医(院長)が診療いたします。

オバジニューダームシステム OBAGI Nu-DermSystemとは?

アメリカ・ビバリーヒルズを拠点に美容医療に携わるDr.オバジは、現在までの約20年間皮膚科医として治療を行いながら研究に従事し、皮膚の再生メカニズムに着目した「スキン・ヘルス・レストレーション理論」を確立しました。加齢や日光によってダメージをうけた肌は、表面のケアだけでは本来の肌を取り戻す事はできないため、お肌表面だけではなく肌の細胞機能や再生サイクルそのものを改善させ、トラブルやダメージのない健康でみずみずしい肌へと回復させること・・・それが、「スキン・ヘルス・レストレーション理論」です。この理論に基づいて、「オバジニューダームシステム」は作られました。

オバジニューダームシステム(obagi)のよくあるご質問
Q.ピーリングとは違うのですか?
A.ピーリングは薬剤やレーザーで皮膚表面を浅くはがすことです。オバジニューダームシステムには、ピーリング効果を持つ成分も配合されていますが、そのほかにトレチノインというビタミンAやハイドロキノンなど皮膚細胞に直接働きかける成分が配合されています。シミ、しわ、ニキビといった肌トラブルを改善し、健康な皮膚へと導くプログラムです。
Q.顔以外にも使えますか?
A.体のいろいろなシミや、乳輪、わきの下の黒ずみなどにも効果的です。ただし、塗り方のコツがあります。お気軽にご相談ください。
Q.毛穴が気になるのですが・・
A.毛穴が黒く見えたり、広がって見える理由は大きくわけて二つあります。ひとつは皮脂が多いこと、もうひとつは老化によるたるみで、毛穴が引っ張られ、縦長になった状態です。オバジニューダームシステムは、皮脂の分泌をコントロールし、コラーゲンやエラスチンの産生を増やすので、両方に効果的です。鼻の黒ずみ、小鼻の角詮、毛穴の集中トリートメントもできます。
Q.なぜ18週間なのですか?
A.肌の細胞のうち40%くらいが6週間で入れ替わります。そのため、その3倍の18週間行います。
Q.18週間たって、続けて使用してもよいのですか?
A.大丈夫です。量を減らして行う「メンテナンスプログラム」をお勧めしています。きれいになったお肌の状態をキープするためにもぜひ続けてほしいです。
Q.ドラッグストアなどで売られているオバジとは違うのですか?
A.薬理効果などまったく別物です。ちなみに「オバジ」は人の名前です。
Q.敏感肌なのですが使えますか?
A.大丈夫です。刺激を少なくしてゆっくり行う「グラヂュアルプログラム」をお勧めしています。
Q.接客業なので顔が赤くなると困るのですが?
A.プログラムの初期数週間は、赤みが出ますが、徐々に赤みは減ってきます。また、赤さを隠すメイクやコンシーラーもクリニックにご用意してあります。赤さが気になる方は、週末だけ行うプログラムもあります。赤みはむしろ血行がよく、健康に見えるため海外ではrosey pink (薔薇のようなピンク)色として好まれています。
Q.オバジを使用している期間中、気をつけることはありますか?
A.プログラム中に特に生活の制限はありません。肌質やライフスタイルを考え、その方に適したプログラムをご提案しますので、それに沿った使用をお願いします。赤みや剥脱(はくだつ:はがれること)が起きて、困るときは担当医にご相談ください。
Q.どうして医師の処方が必要なのですか?
A.オバジニューダームシステムは、”どれくらいの量を塗布するか”、”皮膚に赤みや剥脱(はくだつ:はがれること)などの反応がが起きた時にどう対処するか”などが大切です。使いはじめてから定期的に医師の診察を受けてください。医療機関以外のところで購入し、自己判断で使用した結果、思わぬ副作用を生じたり、トランスフォーメーションプロセス(肌質改善)が達成できないこともあります。
この治療をご検討の方は、こちらのページもご覧になっています。

ページ上部へページ上部に戻る
戻るひとつ前に戻る

・・・ 診療に関する説明文は全て院長が書いています ・・・

青山外苑前クリニック電話番号 会員登録ページへ 美容無料メール相談へ